2020/12/30(更新日:2021/04/11)

Twitter広告とは?特徴や使うまでの流れを紹介!

SNS
この記事は約6分で読めます。
エムクアスタッフ

AUTHERイマイズミ ケン

WEBディレクター/タイ料理愛好家埼玉出身▶︎東京▶︎タイ(バンコク)▶︎滋賀 / 5年前にITエンジニアからWEB系エンジニアにキャリアチェンジ/ エムクア代表。エムクアのプロフィールはこちらストアカでWordPressのレッスン講師もやってます。TwitterからDM大歓迎!

肩書き/保有資格

  • NSPC主催 2級ウェブデザイン技能士(国家資格)
  • 公益社団法人 全日本能率連盟登録資格 公認 Webディレクター
  • 公益財団法人 滋賀県産業支援プラザ 創業サロンメンバー
  • Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)取得

こんにちは。

滋賀県や関西のお客様を中心にホームページ制作を承っているエムクアです!

 

今回は、Twitter広告の特徴や使うまでの流れについて解説していきたいと思います。Twitterは皆さんの生活の一部とも言えるほど、日常的に使っている方は多いのではないでしょうか?Twitterでよく見かける、広告ってどのように配信されているか、皆さんご存知でしょうか?この記事では、Twitterの種類や特徴を詳しく説明しています。是非最後まで読んで頂けたらと思います。

Twitter広告とは?

Twitter広告は見たことがある方は多いのではないでしょうか?全世界でもFACEBOOKに次いで、多くのシェアを占めています。このTwitter広告には約20種類の商品のオプションが用意されています。そんな多大な影響力を持つ、Twitter広告についてこれから詳しく紹介していきたいと思います。

タイムラインや検索結果に表示される広告

Twitter広告は、主にタイムラインや検索結果に表示される広告のことを言います。Twitterのアカウントを持っているユーザーならば、誰しも見たことがある方は多いかと思います。Twitterのユーザーは広告を、他のSNSよりも多くの時間見ています。それぐらい見れられやすいTwitterですが、広告を配信することは、個人でも難しくはありません。

 

広告用のアカウントを作成すると、広告の配信をする準備ができます。Twitterの広告を配信したいと思っても、3種類の中から広告の様式を決めなければなりません。これからこの、3種類を詳しく見ていきたいと思います。

種類と特徴について

では次に、Twitter広告の3種類をこれから紹介していきたいと思います。どのような広告にしたいのか、をまず決めなけれななりません。その時にその配信したい広告の内容が3つのうち、どのように配信することが的確なのかを判断する必要があります。では、見ていきましょう!

プロモツイート

まず1つ目の広告の種類として、プロモツイートというものがあります。プロモツイートとは、広告を配信したい企業がお金を支払って、たくさんのユーザーに広告を届けるというものです。

プロモツイートの表示方法は、検索結果やタイムラインにごく自然に表示させることができるので、それを見たユーザーは無意識にクリックしやすくなっています。

プロモツイートは、「プロモーション」などと表示をしてくれる為、今表示されている広告だと、一目見ただけで分かります。なので、広告に興味の無い人にはクリックされませんが、その広告が気になった人はクリックされる確率が高くなります。

プロモアカウント

プロモアカウントとは、フォローしていないユーザーが「このユーザーはこの広告に興味がありそうだ。」というのを読み取ってくれ、そのユーザーに対して、広告を配信してくれる機能です。

この機能があることによって、自身で最初から新規のユーザーを探す手間が省けるといったメリットがあります。

このプロモアカウントを作成したい場合、フォロワーキャンペーンを行うことによって使用することができます。

プロモトレンド

3つ目は、プロモトレンドです。プロモトレンドとは、検索結果の一番上に広告のキーワードを表示させることができる機能です。

この機能は、上記で紹介した2つの広告機能よりも優れており、CMにも、負けないほどのクリック数を獲得することが出来ます。このプロモトレンドは、1日に1社の買取り枠として使われます。

Twitterのユーザーは、検索結果から日々様々なことを検索して情報を得ようとしています。その検索する時に1番上に広告があると、自然と目に入っていき、クリックがされやすくなります。

そのような、Twitterを使用するユーザーをTwitterが分析することで、広告をどのように配信したら良いのかを日々考えているのです。

Twitter広告の配信するまでの流れ

ここまでは、Twitterの広告の種類について説明させて頂きました。ここからは、Twitter広告を配信したい人に向けて、広告を配信するまでの流れを紹介していきたいと思います。1つ1つ詳しく見ていきながら、広告を配信する準備をしていきましょう!

広告用アカウントを作成する

まず始めに、Twitterの広告用のアカウントを作成していく必要があります。アカウントの作成方法は、

  1. まず始めに、Twitterの公式サイトを開きます。
  2. プロモーションを行っている、アカウントの画面に移動、ログインします。
  3. ログインしたら、ads.twitter.comへ飛びます。
  4. そしたら、2種類のプロモーション(ツイートを自動的にプロモーションor広告のキャンペーンを開始)を選択
  5. 個人情報の入力(国、タイムゾーンなど)
  6. 請求先情報を入力すると完了!

このような手順で、Twitterの広告用アカウントを作成することができます。

アカウントの編集権限を付ける

2つ目は、アカウントの編集権限を付けるということです。アカウントの編集権限とは、広告を配信したい、広告主が、広告代理店などに対して、アカウントの編集権限を与えるといった意味です。

簡単に言うと、広告主側のアカウントを編集しても良いよ!という権限を与えることです。その与えてもらった、広告代理店や個人がそのアカウントを編集することができるということです。

コンバージョントラッキングを設定

3つ目は、コンバージョントラッキングの設定をします。コンバージョントラッキングとは、

  • 広告を配信した時のユーザーの動きを観察し、コンバージョンに至らない原因などを突き詰める機能のことです。この機能があることによって、サイトの商品購入、会員登録、個人情報の入力がされない原因などを詳しく分析することが可能になります。

上記で説明した、コンバージョントラッキングは、ユーザーを獲得する上でとても大切なツールとなってきます。覚えておきましょう!

広告のキャンペーンを作成

4つ目は、広告のキャンペーンを作成するということです。広告のキャンペーンとは、広告を配信する際にキャンペーンを売りにした広告のことです。

このキャンペーン広告はTwitterのあらゆるところに配信されており、皆さんも一度は見たことがあるかと思います。

フォロワーキャンペーンを作成

5つ目は、フォロワーキャンペーンを作成するということです。フォロワーキャンペーンとは、広告のアカウントをフォローする代わりに、フォローしたユーザーに対して、何かものやサービスを提供していくということです。

このフォロワーキャンペーンもTwitterのアカウントを持っている方ならば、見たことがあるかと思います。色んな企業などがよく自社商品をプレゼントなどといった謳い文句で使われていると思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。Twitter広告の配信1つにしても、様々な種類があることがお分かり頂けたかと思います。広告を配信する際の参考にしてみて下さいね。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

締め切り: 2021年4月30日まで

無料特典の詳細内容について今すぐお問い合わせをしてみよう!

タイトルとURLをコピーしました