2021/01/07(更新日:2021/04/11)

webマーケターになる為に有利な資格を大公開

マーケティング
この記事は約6分で読めます。
エムクアスタッフ

AUTHERイマイズミ ケン

WEBディレクター/タイ料理愛好家埼玉出身▶︎東京▶︎タイ(バンコク)▶︎滋賀 / 5年前にITエンジニアからWEB系エンジニアにキャリアチェンジ/ エムクア代表。エムクアのプロフィールはこちらストアカでWordPressのレッスン講師もやってます。TwitterからDM大歓迎!

肩書き/保有資格

  • NSPC主催 2級ウェブデザイン技能士(国家資格)
  • 公益社団法人 全日本能率連盟登録資格 公認 Webディレクター
  • 公益財団法人 滋賀県産業支援プラザ 創業サロンメンバー
  • Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)取得

こんにちは。

滋賀県や関西のお客様を中心にホームページ制作を承っているエムクアです!

 

今回は、webマーケターになる為に有利な資格について詳しく解説していきたいと思います。webマーケターになりたいけれど、持っていたほうが有利な資格ってどのようなものなの?具体的な資格の種類を知りたい!といった方には、是非この記事を読んで頂き、参考になれば幸いです。持っていたほうが、就職など有利に働く場合が多いかと思います。特に未経験で、webマーケターになりたい方はこれから紹介する資格は持っておくと良いでしょう!

webマーケターになるには資格は必要?

webマーケターになる為には、資格が必要なのでしょうか?資格が必要な場合と、資格が要らない場合とで意見が分かれるかと思います。どのような人には資格が必要で、どのような人には資格が要らないのか、詳しく見ていきたいと思います。

未経験の人には資格が必要

webマーケターになるには、未経験の人には、資格を持っておいたほうが良い場合が多いかと思います。未経験やマーケティングの知識がない人、ITスキルを上げたい人などは、特に資格を持っておいた方が有利な場合が多いです。

未経験の場合だと、これまでの経験やスキルがないので、何か証明できるものとして、webマーケターに関する資格は持っておいたほうが良いかと思います。

経験を積んできた人は資格が要らない場合が多い

一方で、経験を積んできた人は、資格は要らない場合が多いかと思います。経験を積んできた人は、スキルや実力があるため、資格がなくても、これまでの経験から仕事が出来るなどと判断される場合が多いです。

ですが、資格があってもスキルアップの為などで資格が必要な場合も多いと思います。また、ポートフォリオなどを自分で作っておくと、採用のときなどに有利かと思います。ここからは、webマーケターになる為に持っておくと有利になる資格を紹介していきたいと思います。是非参考にしてみて下さい。

webマーケターになる為に有利な資格紹介

webマーケターになる為に有利な資格ってどのようなものがあるのでしょうか?未経験の方や、ITスキルを身に着けたい!マーケティングの知識を身に付けたい!という方には是非これから紹介する資格を取得してみてはいかがでしょうか。

マーケティング・ビジネス実務検定

まず1つ目は、マーケティング・ビジネス実務検定という資格です。この資格は、マーケティングを総合的に知っているのかの実力を試すような資格です。2005年にこのマーケティング・ビジネス実務検定の資格ができました。これまで、マーケティングに関する資格はなく、初めての資格となります。

マーケティング・ビジネス実務検定を取得するにあたって、教材は3種類あります。

  1. 通学講座
  2. 通信講座
  3. テキスト・問題集

この3つの種類から自分に合った方法で資格取得を目指しましょう!1つ目の通学講座は、しっかりとマーケティングの基礎から学びたいという方におすすめの方法です。短期間で集中して資格取得に取り組むことができます。

2つ目は、通信講座です。自宅やカフェ、図書館などで、自分のペースで資格取得することができます。講師による添削や、動画での学習もでき、仕事で忙しい方にでもおすすめの資格取得方法です。

3つ目は、テキスト・問題集です。テキスト・問題集は資格を取得する上でとても大切なものになってきます。テキスト・問題集を読みこなすことによって、マーケティングの基礎の知識が身に付けられます。資格取得するのであれば、テキスト・問題集は必ず持っておくと良いでしょう!

マーケティング検定

2つ目は、マーケティング検定です。このマーケティング検定とは、公益社団法人日本マーケティング協会主催のマーケティングを測定する検定です。

この公益社団法人日本マーケティング協会主催のマーケティングは、全国のテストセンターで受けることができます。合格率は70%以上、結果発表は試験終了時点で分かります。

試験のレベルは、3級、2級、1級ごとに分かれています。3級は初心者レベル、2級は中級レベル、1級は上級者レベルとなっています。一般の受験料は、6600円(税込)となっています。

ネットマーケティング検定

3つ目は、ネットマーケティング検定です。企業がネットでのマーケティングをする際に必要としている検定のことです。具体的には、

  • 市場調査などのマーケティング
  • インターネットを使って認知を広めていく
  • SEO施策
  • 商品の販売
  • 会員登録などのサイトへの誘導

上記のことを判断する検定です。主に企業などが商品の広告を出す際に必要なことが多数あります。このネットマーケティング検定は、個人受験と団体受験があります。団体受験では、企業ごとに日程を設定し、受験することが可能です。

試験の問題は、全部で40問となっています。全て4択で答えられるような形での受験方式です。

webアナリスト検定

4つ目は、webアナリスト検定です。このwebアナリスト検定は、JWA(日本Web協会)が主催している検定です。Googleアナリティクスのデータ分析などの情報に関することについての検定です。

このwebアナリスト検定は、4択で選ぶ方式の検定で、合格率は80%となっています。IT初心者の方でも十分受かることが可能な検定です。

この検定の受験対策としては、テキストと講義で勉強していくことをおすすめします。試験は80分となっています。受験料はテキスト、講義が付いている場合と検定のみなど、複数のパターンがあります。

  • テキスト+講義+受験=24,000円
  • テキスト+受験=20,000円
  • 受験のみ=16,000円

となっています。上記の値段は全て税別となっています。又、再受験は5,000円です。

IMA検定

5つ目は、IMA検定です。この検定は、マーケティングスキルの実力を試す検定で、コースが2つに別れています。

  • Standardコース・・・受講、受験料、18,000円(税別)
  • Professionalコース・・・受講、受験料、25,000円(税別)

上記で紹介した、Standardコースは、受講、受験料が18,000円(税別)Professionalコースは、受講、受験料が25,000円(税別)となっています。初めて、IMA検定を受ける方は、Standardコースから受講してみることをおすすめします。

Standardコースに合格したら、次のステップとして、Professionalコースを受験することをおすすめします。

ネットショップ検定

6つ目は、ネットショップ検定です。ネットショップをこれから始められる方は、是非とっておいたほうが、ネットショップを始めるときに必要な知識などを身につけることができます。ネットショップ検定は、「ネットショップ実務士」の資格を取得することが目的です。

ネットショップ検定は、レベル1~レベル5まであり、数字が上がるにつれて、難しくなってきます。レベル1は、ネットショップの基礎知識を学べます。レベル5では、EC経営能力が身に付けることができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。webマーケターになる為には、資格を持っておいた方が良い場合と、資格を持っておかなくても良い場合の2パターンがあることが理解して頂けたかと思います。これから上記で紹介した受験を考えて居られる方は、是非受験してみてはどうでしょうか。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

締め切り: 2021年4月30日まで

無料特典の詳細内容について今すぐお問い合わせをしてみよう!

タイトルとURLをコピーしました