2021/04/11(更新日:2021/08/17)

Webデザイナーの仕事内容やWebデザインを学べるおすすめ参考書などを紹介

ホームページ制作
この記事は約6分で読めます。
エムクアスタッフ

AUTHERイマイズミ ケン

WEBディレクター/タイ料理愛好家埼玉出身▶︎東京▶︎タイ(バンコク)▶︎滋賀 / 5年前にITエンジニアからWEB系エンジニアにキャリアチェンジ/ エムクア代表。エムクアのプロフィールはこちらストアカでWordPressのレッスン講師もやってます。TwitterからDM大歓迎!

肩書き/保有資格

  • NSPC主催 2級ウェブデザイン技能士(国家資格)
  • 公益社団法人 全日本能率連盟登録資格 公認 Webディレクター
  • 公益財団法人 滋賀県産業支援プラザ 創業サロンメンバー
  • Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)取得

皆さん、こんにちは。

滋賀県や関西のお客様を中心にホームページ制作を承っているエムクアです!

今回は、Webデザイナーのお仕事内容やWebデザインを学べるおすすめの参考書について解説していきたいと思います。「Webデザイン初心者だけど、どんな本で学んだらいいのか、分からない?」「Webデザインについて少し勉強がしてみたい!」このような方に向けて解説した記事になります。Webデザイナーに少しでも興味にある方は参考になるかと思います。

Webデザイナーの仕事内容

「Webデザイナ―のお仕事ってどんなことをするの?」という疑問を持っている方に向けて、ここからは、Webデザイナーのお仕事内容について詳しく紹介していきたいと思います。Webデザイナーと言っても、仕事は様々です。Webサイト全体のデザイナーだったり、構成やレイアウトを決めたりします。

これからWebデザイナーを目指そうと思っている方は、どんなことを勉強すれば良いのか、気になりますよね?ここからはWebデザイナーがどのようなお仕事をしているのかを詳しく見ていきたいと思います。

Webサイトのデザインを作成する

1つ目は、Webサイトのデザインを作成するということです。お仕事を依頼する、クライアントと打ち合わせをしながら、どのようなデザインで作成していくのかを決めていきます。サイトのロゴ、背景、など全体的なデザインの部分を作成していく作業です。Webデザインをするときに役立つのが、

  • Photoshop
  • Illustrator

上記のソフトを用いて作成していくのです。どちらもグラフィックソフトとなっており、Webデザイナーが良く使用されているものになります。

Webサイトのコーディングをする

2つ目は、Webサイトのコーディング作業です。コーディングとは、

  • HTMLやCSSのマークアップ言語やJavascript言語を用いること。見た目通りのデザインになるよう、コードを作成していくことです。最終的にブラウザで閲覧できるようにする作業のことです。

Webサイトのコーディング作業も、Webデザイナーのお仕事です。HTMLやCSSなど、難しそう!と思われている方も多いかと思います。ですが、Webデザイナーが使用するHTMLコーディングは、Javascript言語といって、Webデザインが作成通りの見た目になるようにするコーディング作業なので、学んでいくうちに自然と覚えられると思います。

Webサイトの構成とレイアウトを決める

3つ目は、Webサイトの構成とレイアウトを決めるということです。どのような構成とレイアウトで作成するのかは、クライアントとの打ち合わせで決めていきます。綿密にクライアントの要望を聞いておくと良いでしょう。

  • レイアウト・・・ものの配置や配列、割付けをすること。

Webサイトの構成とレイアウトを初期の状態から具体的に決めておくと、後の作業が非常に楽に進んでいきます。

Webデザインになる為のおすすめの参考書の紹介

ここからは、Webデザインになる為におすすめの参考書について紹介していきたいと思います。Webデザイン初心者の方にも分かりやすく解説されている本を紹介していきますので、是非Webデザイン学習の参考にしてみて下さい!

1.なるほどデザイン〈目で見て楽しむ新しいデザインの本。〉

1つ目は、なるほどデザイン〈目で見て楽しむ新しいデザインの本。〉この本の価格は、2200円。表紙のデザインが男の子のマークが特徴の本です。

この本では、Webデザインを学ぶ上で、必要な基礎知識や概念、ルール、プロセスを詳しく解説してある本となっています。現役のデザイナーが説明をしてくれているという部分でも、再現性がある本ではないかと思います。図形やイラスト、なども用いて説明してくれていてとても分かりやすいと思います。

2.いちばんよくわかるWebデザインの基本

2つ目は、いちばんよくわかるWebデザインの基本という本です。価格は2618円です。この本は一生使えるWebデザインというのをコンセプトとして、紹介されています。Webデザイナーの基礎知識や写真と図形、タイポグラフィの選び方など紹介されている本です。

Webデザイン初心者の方やこれからWebデザインを学びたい方におすすめの本かと思います。

3.ノンデザイナーズ・デザインブック

3つ目は、ノンデザイナーズ・デザインブックという本です。この本の価格は、2398円。デザインの4つの基本原則について紹介されています。プロまでいかなくても、Webデザインの基本的なことを知りたいという方におすすめの本かと思います。

この本は良い例、悪い例別に紹介されており、とても具体的な内容となっています。「細かいところまでしっかりと理解したい!」という方にはとてもおすすめの本です。

4.1冊ですべて身につくHTML & CSSとWebデザイン入門講座

4つ目は、1冊ですべて身につくHTML&CSSとWebデザイン入門講座です。この本の価格は、2486円。この本では、Webサイトの作り方を一気に学べる一冊になっています。HTMLとCSSの基本やコードの知識、デザインのことまで詳しく学ぶことが出来ます。

この本は、全国の書店員さんがオススメする本「CPU大賞」第1位受賞! を記録しています。表紙がブルーのデザインが特徴的な本です。

5.スラスラわかるHTML&CSSのきほん

5つ目は、スラスラわかるHTML&CSSのきほんという本です。この本の価格は、3480円です。他の本よりも少し値段が高くなっていますが、この本は、Webデザインの基本から分かりやすく解説がされている本です。

12刷り、累計4万部突破のロングセラー! を記録しており、実践的な解説で紹介されているので、初心者の方でも安心して読んで頂ける本となっています。

6.Webデザイン良質見本帳 目的別に探せて、すぐに使えるアイデア集

6つ目は、Webデザイン良質見本帳 目的別に探せて、すぐに使えるアイデア集という本です。この本の価格は、2530円。本の題名の通り、目的別に探すことができるのでとても使いやすいです。創造力を高める最新良質サイト415選!紹介されており、様々なイメージができ、Webデザインのお仕事に役立てられるかと思います。

7.世界一わかりやすい HTML5&CSS3コーディングとサイト制作の教科書

7つ目は、世界一わかりやすいHTML5&CSS3コーディングとサイト制作の教科書という本です。この本の価格は、2948円。Webデザイナーになるなら必ず習得しなければならない「HTMLとCSS」。この2つの言語を分かりやすく解説した本となっています。

「プログラミング言語はいまいち理解出来そうにない!」といった方にでも安心して分かりやすく取り組んでいただけます。

まとめ

これからWebデザイナーを目指そうとして居られる方などは、上記で紹介したような本を参考にしながら学んで頂ければと思います。楽しく学べる本が多いかと思うので、是非チャレンジしてみて下さい!

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

締め切り: 2021年4月30日まで

無料特典の詳細内容について今すぐお問い合わせをしてみよう!

タイトルとURLをコピーしました