2021/01/22(更新日:2021/01/17)

Webディレクターになるには?基本的な仕事内容や必要なスキルを紹介

Webディレクターになるには?基本的な仕事内容や必要なスキルを紹介 ホームページ制作
この記事は約6分で読めます。

こんにちは。

滋賀県や関西のお客様を中心にホームページ制作を承っているエムクアです!

今回は、Webディレクターになるには?基本的な仕事内容や必要なスキルを紹介について解説していきたいと思います。Webディレクターを目指したい方に向けて、具体的な仕事内容や必要なスキルを詳しく紹介していきます。この記事を読むことで、Webディレクターとしての第一歩となれば幸いです。

Webディレクターとは

Webディレクターという言葉を聞いたことがある方は多いかと思います。Webでのお仕事をする際にWebディレクターはとても大切な存在です。Webの業界でも様々なお仕事があり、Webのデザイナー、プログラマー、Webライターなどがあります。そういった職種の人は、自身や企業のコンテンツを作成している方がほとんどではないでしょうか。このWebディレクターというのは、そういったコンテンツを作成する時の「監督」という存在だと思ってもらえたら良いでしょう。

Web制作するにあたっての「監督」の役割

WebディレクターはWeb制作をするにあたっての「監督」という人になります。Webのコンテンツの全体を取りまとめる人ということになるため、様々な能力が問われます。そして、Webディレクターのお仕事内容な幅広くあります。

実際にWebディレクターってどういったことをする人なのかいまいち理解できていない、という方も多いです。ここからは、Webディレクターのお仕事内容を具体的に紹介していきたいと思います。

Webディレクターの仕事内容

Webディレクターの仕事内容について興味がある方も多いのではないでしょうか。ここからは、Webディレクターの仕事内容について詳しく紹介していきたいと思います。様々な業務があるので、これから紹介する仕事内容をこなすことが出来る方は、Webディレクターとしてお仕事ができるかと思います。では見ていきましょう。

スケジュールの進歩の管理

まず1つ目のWebディレクターの仕事内容として、スケジュールの進歩の管理です。Webサイトの制作をする為には、Webディレクターがスケジュールを管理していきながら、サイトの進歩状況や作業ごとの進歩状況などを把握しておく必要があります。Webサイトを完成する日にちを決めてから、逆算していき、どういった日程でプロジェクトを進めていくかを決める必要があります。

コンテントの品質の管理

2つ目は、コンテンツの品質の管理です。Webディレクターがコンテンツの品質の管理をすることは、具体的には、

  • デザイン、機能に問題がないか確認していく
  • クライアントの要望に沿っているのか管理していく

という仕事をしていきます。制作したWebサイトが見やすい、キレイな見た目、又は個性的でクライアントの要望に沿ったデザインか。使いやすいサイトになっているかといったことを最終的に確認していきます。

もう一つは、クライアントの要望に沿っているか管理していくという仕事です。クライアントの希望ん通りに納品をするというのはとても大切なことで、次の仕事に繫がりやすかったりする為、慎重に行う必要があります。

プロジェクトのメンバーを決める

3つ目は、プロジェクトのメンバーを決めるということです。プロジェクトのメンバーはWebディレクターが決める大切なお仕事です。そのプロジェクトに必要、且つ適切なメンバーをWebディレクターが選別していきます。スムーズに仕事が出来るようにメンバーを揃える必要があります。

クライアントとスタッフとの間に立つ

4つ目は、クライアントとスタッフとの間に立つということです。クライアントというのは、仕事を発注する側で、スタッフとは、実際に仕事を作っていく人、という立ち位置になります。その間にWebディレクターが入ることによって、仕事の方向性や、どのようなものを作成して欲しいかなどを話合います。

クライアントとスタッフとの間に立つWebディレクターは、コミニュケーション能力がとても問われるかと思います。

Webディレクターになる為に必要なスキル

Webディレクターのなる為に必要なスキルは沢山あります。ここからは、Webディレクターになる為に必要なスキルを詳しく紹介していきたいと思います。

リーダーシップを取ることが出来る

まず1つ目は、リーダーシップを取ることが出来る人ということです。Webディレクターのお仕事は人に指示したり、メンバーをまとめる役割をしないといけません。その為、リーダーシップを取ることができる人というのは、Webディレクターに向いている人材かもしれません。仕事をするにあたって、メンバーで仕事をしていかないといけない為、みんなの上に立てる人というのはとても貴重です。

コミュニケーション能力

2つ目は、コミニュケーション能力です。Webディレクターになると、コミニュケーション能力が問われます。色んな人と仕事の打ち合わせなどをしていかないといけません。とてもコミニュケーション能力が問われるかと思います。コミニュケーション能力というのは、仕事をしていくうちに身につくものです。

チームで一団となって仕事をする為にも、チームの「監督」的な存在のWebディレクターがしっかりとチームをまとめていかなければなりません。そういった意味でも、コミニュケーション能力は必要不可欠だと思います。

スケジュールの管理

3つ目は、スケジュールの管理です。Webディレクターは、全体の仕事がいつ終わりそうなのか、どいったスケジュールを組むことで、どれぐらいの日数がかかるのかを把握して、スケジュールの管理をしていく必要があります。

スケジュール管理は、クライアントにいつまでに完成させて欲しいといった要望もあります。そういった時は、メンバーを選別し、クライアントの要望通りのスケジュールで制作を進めていく必要があるのです。

企画する力

4つ目は、企画する力です。Webディレクターは、クライアントなどに企画し、Web制作などを進めていく必要があります。その為、企画する力が問われるのです。面白いものを作るという事ではなく、ニーズがあるWebサービスを作るということが重要になってきます。

マネジメントする力

5つ目は、マネジメントする力です。マネジメントとは、

  • マネジメント・・・チームや組織が永久的に存続する為に、人材を育てたり、チームや企業に貢献することを言う。

上記で紹介した、マネジメントをする力は、Webディレクターに必要な要素と言えます。チームや組織が発展していくには、人材のマネジメントが必要不可欠だと思います。マネジメントが出来る人は、チームや企業から必要とされるでしょう。

アクセスを分析する力

6つ目は、アクセスを分析する力です。アクセスを分析するということは、サイトに訪れたユーザーの行動や特性を分析することです。アクセス分析をすると、改善した方が良い点などが明確に分かるようになります。Webディレクターのお仕事は、アクセス分析を出来ることが求められるでしょう。ユーザーの動きを分析できれば、問題点が一目で分かります。そういったスキルを日々磨いていくことで、Webディレクターとして活躍できる日が訪れるでしょう!

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回のWebディレクターになるには?基本的な仕事内容や必要なスキルを紹介について理解して頂けましたか?Webディレクターを目指されている方は是非、上記で紹介したことを自分に当てはめて見ましょう。Webディレクターの適正がきっと分かるかと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

締め切り: 2021年4月30日まで

無料特典の詳細内容について今すぐお問い合わせをしてみよう!

タイトルとURLをコピーしました