2021/01/28(更新日:2021/04/11)

MEOとは?概要や初心者でもできる対策を紹介

マーケティング
この記事は約6分で読めます。
エムクアスタッフ

AUTHERイマイズミ ケン

WEBディレクター/タイ料理愛好家埼玉出身▶︎東京▶︎タイ(バンコク)▶︎滋賀 / 5年前にITエンジニアからWEB系エンジニアにキャリアチェンジ/ エムクア代表。エムクアのプロフィールはこちらストアカでWordPressのレッスン講師もやってます。TwitterからDM大歓迎!

肩書き/保有資格

  • NSPC主催 2級ウェブデザイン技能士(国家資格)
  • 公益社団法人 全日本能率連盟登録資格 公認 Webディレクター
  • 公益財団法人 滋賀県産業支援プラザ 創業サロンメンバー
  • Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)取得

こんにちは。

滋賀県や関西のお客様を中心にホームページ制作を承っているエムクアです!

 

今回は、MEOの概要や初心者でもできる対策について解説していきたいと思います。MEOはあまり聞き慣れない言葉と感じる方も多いのではないでしょうか?SEOのマップバージョンという感じで捉えて頂くと分かりやすいかも知れません。普段からGoogleマップを使用している方は馴染みがあると思います。そんなMEOを詳しく解説していきます。

MEOとは

MEOという言葉を聞いたことがあるでしょうか?MEOは、Map Engine Optimizationの略称で、日本語で、「マップエンジン最適化」という意味で使われます。SEOという言葉と似ているため、間違えて覚えてしまう方もいるかと思うので、ここからは、詳しく見ていきたいと思います。

日本語で、「マップエンジン最適化」という意味

MEOは、日本語で「マップエンジン最適化」という意味です。SEOは「検索エンジン最適化」という意味ですが、MEOは、SEOのマップ(地図バージョンという意味合いで捉えておくと良いでしょう。Googleで「地域名+サービス・目的」と調べた時にお店など上位3店舗をMEO上位サイトという風に言ったりします。

「行きたい場所には、どのようなお店があるのか?」「今話題のお店はどこにあるのか?」などを詳しく調べることが可能です。

MEOとSEOの違い

MEOとSEO名前は似ていますが、上記でも解説したようにMEOはSEOの地図バージョンということが理解して頂けたかと思います。では、具体的にMEOとSEOの違いについて詳しく見ていきましょう!2つの違いを見ていくことによって、MEOを導入するにあたって、導入しやすいかと思います。

MEOはGoogle マップで上位表示を行う施策のこと

MEOはGoogle マップで上位表示を行う施策のことです。SEOは日本語で、検索エンジン最適化という意味であるように、キーワード検索を行った時に、Google検索の上位表示させる施策のことを言います。

SEOの場合は、どこで検索してもGoogleの検索結果は同じです。その反面、MEOは例えば、北海道と東京で検索すると検索結果が違ってきます。場所によって検索結果が違うことを、「ローカル検索」と言います。

これは、IPアドレスと位置情報を元に、ユーザーの利便性を考えて検索結果を異なるようにしているのです。

MEOの具体的な施策

MEOとはどういうことなのかざっくりと分かったところで、ここからは、MEOの具体的な施策を項目ごとに紹介していきたいと思います。様々な施策をすることによってMEOで上位表示やクリックされる確率が上がったりします。どういった施策をすることによってMEO施策を行うことができるのでしょうか?詳しく見ていきましょう!

Googleマイビジネスの登録

MEO施策としての1つ目は、Googleマイビジネスの登録をするということです。MEO施策をする際の一番始めにしておいた方が良い施策でもあるのです。MEO施策をするときには、Googleマイビジネスの登録をしておかないとMEOを施策を始めることはできません。Googleマイビジネスの登録方法は、

  1. Googleマイビジネスにアクセスします。
  2. Googleマイビジネスでアカウントを作成していきます。
  3. アカウントに登録したビジネスのチェーン店の住所を登録する
  4. Google マップでビジネスをどのように表示していくか選択する

上記のような方法で、Google マップに登録をしていきます。登録自体は簡単に登録出来るかと思います。MEO施策を行うにはGoogle マップの登録は必要不可欠かと思います。

店舗の情報の最適化をする

2つ目は、店舗の情報の最適化を行うということです。店舗情報最適化はGoogle マップを充実させるにあたってとても必要不可欠な行動かと思います。店舗の情報の最適化は、店舗名や住所、TELなどの基本情報の入力はもちろんのこと、最新の店舗情報を掲載することによって、検索してくるユーザーが増え、キーワードで上位表示されやすくなります。

口コミを増やす

3つ目は、口コミを増やすということです。口コミは、Google マップの店舗をクリックすると、5つ星で口コミを評価する形になっています。口コミの評価が大きければ大きいほどユーザーは安心して店舗を訪れることができ、利用ユーザーが増え、検索で上位表示されやすくなります。

皆さんも、お店を探すときに、口コミの評価でお店選びをしていることってありませんか?ユーザーがお店を選ぶ時の影響力となり、大きな役割をします。

SNSを使って沢山の人の目につくようにする

4つ目は、SNSを使って沢山の人の目につくようにするということです。SNSを利用しているユーザーは2020年でとても高い割合を記録しています。コロナの影響もあり、自宅で過ごす人が増えたことも原因の1つかもしれません。

主に、10代20代が多いSNSですが、2020年では30代、40代、50代の方もSNSを利用している傾向にあります。沢山の人の目に留まるSNSを利用することによって、広告としての効果があるかと思います。

Googleのガイドラインを守る

5つ目は、Googleのガイドラインを守るということです。Googleのガイドラインは、GoogleでMEOを上位表示させる為には、必要不可欠なことになります。Googleのガイドラインの一般的なガイドラインには、

  1. シンプルなURLにする
  2. Googleに外部リンクの関係性を伝える
  3. 重複のコンテンツ作成を避ける
  4. リンクをクロールできるようにする

上記は、Googleのガイドラインの一部を取り除いて説明したものになります。上記以外にも、Googleのガイドラインは豊富に記載されています。

MEOのメリット

実際にMEOを使うことによってどのようなメリットがあるのでしょうか?ここからは、MEOのメリットを項目ごとに分けて紹介していきたいと思います。

幅広い人の目に留まる

1つ目のメリットは、幅広い人の目に留まるということです。MEO施策を行うと、キーワードで検索上位されやすくなります。その為、幅広い人の目に留まりやすくなるといったことが見られます。多くの人に見られるということは、そのお店などの利用ユーザーが増えるということでもあります。

来客してくれるユーザーが増える

2つ目は、来客してくれるユーザーが増えるということです。上記と内容が被るかと思いますが、来客してくれるユーザーが増えると、収益も高くなると予想されます。来客してくれるユーザーが増えれば増えるほどメリットと言えるでしょう。

SEO施策よりも競合が少ない

3つ目は、SEO施策よりも競合が少ないということです。SEO施策を行うと、どうしても競合が増える為、SEOで上位表示されにくいというデメリットがありますが、MEOの場合は、SEOよりも競合が少ない為、参入しやすいというメリットがあります。

MEOのデメリット

上記では、MEOのメリットについて紹介していきました。ここからは、MEOのデメリットについても見ていきたいと思います。

悪い口コミを書かれる

1つ目は、悪い口コミを書かれるということです。MEOはお店や店舗を紹介するマップなので、口コミがかかれます。もちろん良い口コミも書かれますが、その反面悪い口コミも書かれる可能性があります。

お店や事務所がないとできない

2つ目は、お店や事務所がないとできないということです。MEOは地図の検索エンジン最適化なので、お店や事務所などの店舗がないとMEO施策ができません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。あまり馴染みのないMEOだったかと思いますが、上記で紹介した基礎的なことを知っておくことで、MEOを導入しやすいかと思います。これからMEOの導入を考えている方は、この記事が参考になれば幸いです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

締め切り: 2021年4月30日まで

無料特典の詳細内容について今すぐお問い合わせをしてみよう!

タイトルとURLをコピーしました