2021/04/01(更新日:2021/08/17)

SEOライティングを学ぶ!初心者向けに基本を紹介

SEO
この記事は約6分で読めます。
エムクアスタッフ

AUTHERイマイズミ ケン

WEBディレクター/タイ料理愛好家埼玉出身▶︎東京▶︎タイ(バンコク)▶︎滋賀 / 5年前にITエンジニアからWEB系エンジニアにキャリアチェンジ/ エムクア代表。エムクアのプロフィールはこちらストアカでWordPressのレッスン講師もやってます。TwitterからDM大歓迎!

肩書き/保有資格

  • NSPC主催 2級ウェブデザイン技能士(国家資格)
  • 公益社団法人 全日本能率連盟登録資格 公認 Webディレクター
  • 公益財団法人 滋賀県産業支援プラザ 創業サロンメンバー
  • Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)取得

皆さん、こんにちは。

滋賀県や関西のお客様を中心にホームページ制作を承っているエムクアです!

 

今回は、SEOのライティングについて解説していきたいと思います。ライティングでは、SEO対策が非常に重要となってきます。難しそうだと思っておる方でも、SEOの基礎を理解していれば、ライティングのお仕事に活かすことができます。SEOって具体的にどんなことをするのか、について初心者の方でも分かるように解説していきたいと思います。

SEOとは?

ライティングをする上ではSEO対策が出来ないと、記事を執筆しても検索では上位表示されにくくなります。では、どのようにすれば、検索で上位表示されることができるのでしょうか?ここからは、2つのことについて詳しく見ていきましょう!

日本語では、「検索エンジン最適化」のことを言う

SEOとは、英語でSearch Engine Optimizationの略で、日本語で「検索エンジン最適化」という意味になります。検索エンジン?最適化?という方も多いのではないでしょうか。検索エンジンとは、普段皆さんが検索しているキーワードのことです。最適化とは、より多くの人に執筆した記事を見てもられるようにすることでもあります。

検索エンジンに閲覧されるユーザーを増やすこと

皆さんは、Googleで調べたいキーワードを検索した際に、ほとんどの方は検索ページの1ページ目の記事を見ることが多いですよね。

2.3.4ページになってくると、閲覧される確率は低くなってしまいます。1ページ目に表示させる為には、SEO対策をすることによって、Googleに順位を上げてもらうことが重要です。

SEO対策とは、具体的にどのような施策をするのでしょうか?下記で詳しく見ていきたいと思います。

SEOとは具体的にどのような施策をするのか

上記では、SEOの名前や、日本語の意味などについて見ていきました。ではSEOとは、具体的にどのような施策をするのかについて見ていきたいと思います。これから紹介するSEOの施策を理解することによって、具体的な施策が理解できるかと思います。

サイトの内部施策

まず1つ目は、サイトの内部施策ということです。サイトの内部施策とは、自身のサイト内で行う施策のことを言います。

  • サイトのマップを作成する
  • タグの最適化
  • パンくずリストを作成
  • サイト構造の最適化

などを行います。1つ目の、サイトマップとは、Webサイトの地図のようなもので、一目見ただけで、このサイトのどの部分にいるのか、又は、どのような内容のサイト等かを分かりやすく地図のように解説しているものです。

2つ目のタグの最適化とは、Webサイトのタイトル、見出しのことを言います。このタグの最適化をするということは、訪れたユーザーが興味を持って自身のサイトに誘導してくる可能性が高いです。ユーザーの知りたい情報などをタイトルや見出しに入れる必要があります。

3つ目は、パンくずリストを作成するということです。パンくずリストとは、Webサイトを閲覧した際に、上部に映される、ホームやご利用案内、商品一覧のタグのことを言います。クリック形式となっているところが多く、サイトを巡回しやすくなっています。

次に、サイト構造の最適化です。サイト構造の最適化とは、サイトの後続自体を最適化するという意味です。例えば、リンクの数を増やしたり、ユーザーが見やすいようなタグの配置をしたり、URLを分かりやすくしたりすることを言います。

サイトの外部施策

2つ目は、サイトの外部施策ということです。外部施策というのは、サイト内にそのサイトより上位表示されている別のサイトのリンクをはるということです。

上位表示されているサイトのリンクを、サイト内に貼ることによって、そのサイトが上位表示されやすくなるといったことがあります。SEO施策の中には、リンクの数というのも、重要になってきます。

この外部施策のことを、「被リンク」と呼びます。この被リンクが多ければ多いほど、Googleのアルゴリズムは、有益な情報を公開しているサイトという風に評価しています。

Googleが検索順位を上がるのに重視していること

ここからは、Googleがどのようにして、検索の順位を上げているのかを、3つ紹介していきたいと思います。この3つのポイントを意識してサイト運営をしていくと、Googleの検索順位が上がると思います。

Expertise(専門知識)

まず1つ目は、Expertise(専門知識)です。Googleが検索順位を上げるうえで、重要視しているのが、Expertise(専門知識)。専門知識があるサイトというのは、ユーザーにとって有益で且つ、必要としていることでもあるので、他のサイトには負けない専門の知識があるのであれば、とても強みになります。

専門性を持っているのと、持っていないのとでは、Googleの評価が全然違ってくるかと思います。自分の専門知識を見直して見ましょう!

Authoritativeness(権威性)

2つ目は、Authoritativeness(権威性)です。やはり、専門的な知識や社会的と地位が高い人の言うことは、信頼度が高く、ユーザーは安心して情報を得ることができます。

例えば、医師や専門家の言うことは、無意識のうちに信用してしまうことが多いと思います。まったくの知識がない人と、専門的な知識がある人では、当然専門知識がある人の言うことを信用してしまうでしょう。このように、GoogleはAuthoritativeness(権威性)も重要視しています。

Trustworthiness(信頼性)

3つ目は、Trustworthiness(信頼性)です。信頼性はGoogleのアルゴリズムを決める上で、とても需要な役割をしています。

信頼性とは、身元がはっきりと分かっている人のほうが、身元が不明の人よりも、信頼性が高いということが上げられます。

どこの誰か分からない人よりも、どのような人かはっきりと分かっている人の方が、サイトに訪れたユーザーは信頼度が上がります。

今後のSEOライティングとは

2020年以降のSEOライティングは、今後どうなるのでしょうか?時代とともに、ライティングの手法も変化していくと思われます。これからは、音声入力が多くなるということが上げられます。音声入力について詳しく見ていきましょう!

音声入力が多くなる

SEOライティングでは、音声入力をすることが増えると予想されます。音声入力とは、言葉を発することによって、文字が入力されることを言います。2020年現在でも、音声入力は広まっており、手でタイピングするよりも、早く文字を打つことができます。

そのため、時間の節約にもなり、仕事の効率も上がると思われます。しかし、誤入力などが多いといった意見もあり、賛否が別れます。自分に合った仕事の方法で仕事をすることをオススメします。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回のSEOライティングを学ぶ!初心者向けに基本を紹介について理解できたでしょうか。上記で紹介した情報は、これからのライティングに大いに役立つと思います。これからSEOライティングをしていきたいのであれば、是非この記事を参考にしてみて下さい。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

締め切り: 2021年4月30日まで

無料特典の詳細内容について今すぐお問い合わせをしてみよう!

タイトルとURLをコピーしました