2021/02/15(更新日:2021/01/30)

リードジェネレーションとは?概要と手法を紹介

リードジェネレーションとは?概要と手法を紹介 マーケティング
この記事は約6分で読めます。

皆さん、こんにちは。

滋賀県や関西のお客様を中心にホームページ制作を承っているエムクアです!

今回は、リードジェネレーションとは?概要と手法を紹介について詳しく解説していきたいと思います。リードジェネレーションという言葉にあまり聞き馴染みがないという方も多いのではないでしょうか?この記事では、リードジェネレーションって何?という初心者の方にも分かりやすく解説した記事となっています。詳しい手法についても解説しているので、是非最後まで読んで頂きたいと思います。

リードジェネレーションとは?

リードジェネレーションとは、あまり聞き馴染みのない言葉だ。という方も多いのではないでしょうか?リードジェネレーションとは、見込み客(リード)を獲得する為の活動のことを言います。似たような言葉に、リードナ―チャリングという言葉があります。2つは、似ているようで、意味が違ってくる単語です。ここからは、リードジェネレ―ジョンについて言葉の意味など、より詳しく見ていきたいと思います。

見込み客を獲得する為の活動のこと

リードジェネレ―ジョンとは、見込み客(リード)を獲得する為の活動のことを言います。見込み客とは、商品やサービスを購入するであろう顧客のことです。このような見込み客を獲得する際には、下記のような活動が必要です。

  • 名刺交換
  • 展示会を開く
  • チラシを配る
  • 電話をする
  • SNSの発信をする

など上記のような活動をすることによって、企業は自社の商品やサービスに関心を持ってくれるユーザーを増やすことが出来ます。このような、見込み客を増やす取り組みを「リードジェネレ―ジョン」と言います。

リードジェネレーションの手法を紹介

ここからは、リードジェネレーションの手法について紹介して行きたいと思います。リードジェネレ―ションの手法はいくつかあり、これから、行おうとしている方の参考になればと思います!

コンテンツマーケティング

まず1つ目は、コンテンツマーケティングです。コンテンツマーケティングとは、その記事を読むことによって、ユーザーに価値のある情報を提供することで、ユーザーが商品やサービスを購入し、最終的にはその商品やサービスのファンとしてユーザーを行動させるといったことです。

このコンテンツマーケティングを行う為には、企業などのホームページ作成を行ったり、商品専門のサイトを作成したりする必要があります。上記でも紹介しましたが、商品やサービスのファンを増やす目的なので、商品に関する情報をホームページで全面的に出していく必要があるかと思います。

Web広告

2つ目は、Web広告です。Web広告は皆さん、一度は見たことがあるかと思います。動画などを見ていると、その動画の前によく広告が貼られていますよね?そのような広告のことをWeb広告と呼びます。Web広告の種類には下記の通りです。

  • アフィリエイト広告
  • メール広告
  • 動画広告
  • ネイティブ広告
  • SNS広告
  • ディスプレイ広告

上記のような広告があります。アフィリエイト広告というのは、商品を記事の中で紹介することによって、読者がリンクなどをクリックしたり、商品を実際に購入したりするときに報酬が入ってくる仕組みのことです。

メール広告とは、メルマガや通販サイトなどから届くメールの中に広告を入れることを言います。メールの中に広告を入れることによって、ユーザーがクリックする確率が上がります。

動画広告とは、動画内の広告のことを言います。有名なところで言うと、YouTubeが有名かと思います。動画が再生されればされるほど、クリックされる確率も上がってきます。

ネイティブ広告とは、コンテンツ内に広告を入れることです。コンテンツ内に入れることによって、記事と広告が一体したように見えます。そこがネイティブ広告の特徴でもあります。あえて広告に見えないようにすることによって、ユーザーがクリックしやすくなります。

SNS広告とは、SNSの中に広告を掲載させることを言います2021年では、SNSの需要はますます高まってきています。コロナの影響もあり、おうちで過ごすことが増えたことが原因だと考えられます。そうした背景もあり、SNSで広告を掲載すると多くの人に見られる可能性が増えます。

ディスプレイ広告とは、検索窓やサイト内に掲載する広告を言います。別名「バナー広告」とも言います。皆さんが検索するときに使用する検索窓に広告を掲載することによって、多くに人の目につかせることができます。

SNS

3つ目は、SNSです。SNSとは、下記の通り。

  • Twitter
  • FACEBOOK
  • LINE
  • Instagram

上記のようなものがあります。SNSのを利用している人は、2021年では7,975万人(普及率80%)という結果になっています。普及率80%にも及んでいる為、企業もSNS投稿には力を入れている印象が強いです。

インフルエンサーというSNS投稿を中心に活動している方というのも存在しており、SNSがいかにユーザーの興味を惹いているかが伺えると思います。今後もSNSは発展し続けると思います。

電話

4つ目は、電話です。上記のSNSと比べると少し古い印象も受けますが、電話を使ったユーザー獲得を行っている企業もあります。電話のメリットとしては、きちんとユーザーの生の声が聞けるということかと思います。直接ユーザーの声で聞くことができ、企業としては、とても貴重なのかと思います。

展示会

5つ目は、展示会です。展示会のメリットとしては、直接顧客の顔を見ることができ、生の声が聞けるということです。展示会では、企業ごとにブースを設けているところもあります。ブースを訪れる顧客に対して、自社の魅力などを直接伝えることが出来ます。アンケート調査などもその時に行えば、より一層ユーザーも声を獲得出来ます。ただし、展示会を開くには費用が必要になってきます。SNSなどはアカウントを作成すれば、情報を発信できますが、展示会で個人ブースを持とうとなると、多少の費用が掛かってしまうことを覚えておきましょう。

セミナー

6つ目は、セミナーです。セミナーは、企業が主催する場合は企業の情報に関するセミナーを開く場合が多いです。その企業のことを知りたい顧客の情報を習得することをセミナーの目的とします。集客の方法は様々ですが、企業が主催する場合、セミナーの会場やセミナー開催する費用などは企業が持つ必要があります。

オウンドメディア

7つ目はオウンドメディアです。オウンドメディアとは、企業がブログやパンフレット、カタログ、ウェブサイトなどを自ら所有していることです。企業が持っているメディアである為、その情報は正確で信頼性があると考えられます。よって、見込み客となるユーザーも安心して利用しやすいのではないでしょうか。

まとめ

リードジェネレーションとは?概要と手法を紹介について解説してきました。リードジェネレーションについて理解できましたでしょうか?一見難しい言葉のように見えて、理解していくとそこまで複雑ではないように思います。見込み客を増やしていくことで、企業ならば、将来的に利益となる場合もあります。そうしたリードジェネレーションの手法をこの記事で理解できたのではないでしょうか?

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

締め切り: 2021年4月30日まで

無料特典の詳細内容について今すぐお問い合わせをしてみよう!

タイトルとURLをコピーしました