2021/05/09(更新日:2021/08/17)

ホームページ制作後に見込客を獲得するために重要な要素を紹介

ホームページ制作
この記事は約6分で読めます。
エムクアスタッフ

AUTHERイマイズミ ケン

WEBディレクター/タイ料理愛好家埼玉出身▶︎東京▶︎タイ(バンコク)▶︎滋賀 / 5年前にITエンジニアからWEB系エンジニアにキャリアチェンジ/ エムクア代表。エムクアのプロフィールはこちらストアカでWordPressのレッスン講師もやってます。TwitterからDM大歓迎!

肩書き/保有資格

  • NSPC主催 2級ウェブデザイン技能士(国家資格)
  • 公益社団法人 全日本能率連盟登録資格 公認 Webディレクター
  • 公益財団法人 滋賀県産業支援プラザ 創業サロンメンバー
  • Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)取得

こんにちは。

滋賀や関西のお客様を中心にホームページ制作を承っているエムクアです!

 

この記事では、ホームページ制作後に見込客を獲得するために重要な要素ついて紹介していきたいと思います。「自社のホームページに、見込客を獲得したい!」「顧客に繋がる見込客を集客する方法を知りたい!」という方には、この記事が参考になるかと思います。

見込客とは?

見込客という言葉を聞いたことはあるでしょうか?見込客とは商品やサービスを購入するであろう人のことを言います。見込客を獲得することは、ホームページを作成している企業などにとって、収益に繋がることでもあります。下記で詳しく見てきたいと思います。

商品やサービスを購入する可能性のある人のこと

見込客とは、商品やサービスを購入する可能性のある人のことを言います。企業などのホームページを訪れたユーザーが商品を購入しようか迷っている人のことでもあります。見込客は企業にとって、とても大切な存在です。

見込客を獲得する為のは、ホームページに工夫をしたり、広告を掲載したりしなけばいけません。自社のホームページを多くの多くの人の目に届くようにすることで、見込客を増やすことが出来ると思います。下記では、見込客を獲得する為の重要な要素について詳しく紹介しています。見ていきましょう!

見込客を獲得する為の重要な要素5つ

ここからは、見込客を獲得する為の重要な要素について具体的に紹介していきたいと思います。項目毎に5つ、詳しく説明していますので分かりやすいかと思います。

ベネフィット

まず1つ目は、ベネフィットです。ベネフィットとは、

  • 利益、恩恵、手助けの意味

企業が利益を得るときに使う事が多いイメージです。思いビジネスシーンで使用されることが多いです。

この「ベネフィット」を使用することで、見込客は自分にどのような利益が得られるのかを具体的に理解することが出来ます。商品やサービスを購入したらこのような利益などが得られることが一目で理解することができるかと思います。

キャッチコピー

2つ目は、キャッチコピーです。企業のホームページなどにキャッチコピーを付けることによって、そのサイトがどのようなサイトかを理解することが出来るかと思います。キャッチコピーは一文、一行のものまで幅広くあります。

キャッチコピーを付けることによって、企業などのイメージに繋がります。面白いものや、ワクワクするもの、人の心にぐっと刺さるものまであります。

顧客が抱えている悩みや興味関心

3つ目は、顧客が抱えている悩みや興味関心についてです。顧客がどのような悩みや興味関心があるかを理解しておくことで、サイト制作に役立てることができたり、見込客を獲得するにあたって、とても重要な要素となっていきます。

サイトに訪れる人がどのような悩みを持って、このサイトに訪れてきているのか、どのようなことに興味や関心があるのかを知っていくようにしていきましょう!それを知ることで、見込客を増やすことが出来ると思います。

自社が選ばている理由

4つ目は、自社は選ばれている理由を知ることです。なぜ見込客は自社を選んでくれているのか?自社には他の会社にはない何かがあるのか?というのを見つけていきましょう!自社にしかないものを見つけていくことは、今後のホームページ作成でも有利に働いてくれること間違いなしかと思います。

それに伴って、他社との差別化を図ることもできます。自社の魅力を自社が知っておくことで、今後のビジネスにも大いに活躍してくれることでしょう!

自社が信頼される理由

5つ目は、自社が信頼される理由について知ることです。見込客は自社を信頼して顧客になろうかを迷っている人達です。それには、何か信頼される理由があるはずです。その理由は何かを見つけていき、信頼される要因を知るようにしましょう!

良質な見込客を獲得する為に必要なこと

ここからは、良質な見込客を獲得する為に必要なことについて見ていきたいと思います。見込客といっても、良質な見込客は、集客するのにとても時間がかかったり、集客出来ずに他のサイトの流れてしまうといったことが起こってしまいます。

そのようなことにならない為にも、ここからは、良質な見込客を獲得する為に必要なことを解説していきたいと思います。

ペルソナを使用する

まず1つ目はペルソナを使用するということです。ペルソナとは、

  • 商品やサービスを紹介する時に、実際に存在する人物であるかのように設定することです。具体的には、年齢、性別、住んでいるところ、趣味、休日の過ごし方、家族構成など細かく設定していくことです。

上記で紹介したペルソナを設定することによって、サイトの方向性を決めることができます。サイトの方向性を決めることが出来ると、集客に成功しやすくなったり、サイトの作成や修正がしやすくなったりします。

キャンペーンなどを行って見込客を刺激する

2つ目は、キャンペーンなどを行って見込客を刺激するということです。サイトに題材的に「キャンペーン」や「今だけ限定の~」ということをアピールすることで、見込客から顧客に変化する可能性が高いです。

人間は、「期間限定」や「今だけ~」という言葉に弱い生き物です。今行わないと損をしてしまうと思いこんでしまいやすくなるのです。このようなことから、頻繁に「キャンペーン」などを行うと良いでしょう!

ファネルの調整

3つ目は、ファネルの調整です。ファネルとはあまり聞き馴染みのない方も多いかと思います。

  • ファネルとは・・・日本語で言うと、「漏斗」という意味です。逆三角形やすり鉢状の形をしたものです。マーケティング用語では、消費者が商品やサービスを購入に至るほど、ファネルが小さくなっていきます。消費者の購入と人数を図形にして良い形の図形になったものを「ファネルの調整」と言います。

上記のようなことをファネルの調整と言い、簡単に言うと、消費者の購入意欲とその人数によって成り立つ図式です。ファネルの調整を確実に行うことによって、商品やサービスを購入されやすくなります。

期待出来ない見込客はマーケティングの対象外にする

4つ目は、期待出来ない見込客はマーケティングの対象外にするということです。期待できない見込客とは、

  • サイトに訪れているけど、すぐに離脱してしまう
  • 長期間アクションを起こしてこない
  • 何度もメールやメルマガを送っているけど、返事がない

上記のような人のことを言います。

マーケティングオートメーションの活用

5つ目は、マーケティングオートメーションの活用です。マーケティングオートメーションとは、

  • 少し前までは、人の手で行っていた作業を、自動化したもののことです。

人の手で行っていた作業を自動化することによって、作業効率がよくなり、作業の手間がかからなくなるといったメリットがあります。このような背景から、今後は、ますますマーケティングオートメーションを取り入れる企業が増えるでしょう!

まとめ

ホームページ制作後に見込客を獲得するために重要な要素について解説してきました。ホームページ制作後には見込み客を確実に獲得する為には、上記で紹介したようなことをに気をつけながら、ホームページ制作を行うと良いでしょう!

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

締め切り: 2021年4月30日まで

無料特典の詳細内容について今すぐお問い合わせをしてみよう!

タイトルとURLをコピーしました